活動内容

海外研修員の受け入れ

JIMTEFは、開発途上国の医療技術者を研修員として日本に招き、技術研修事業を実施しています。
研修員は、文化、習慣の違いを克服し、自国の医療環境の向上に必要な技術、知識を習得しています。また、研修員と研修先の指導者をはじめ広く市民レベルの交流を通して、相互の理解を促進しています。
修了研修員は、帰国後、日本国で学んだ技術、知識の実践及び普及に努めています。

  • 開講式での河合忠顧問と海外研修員

  • 修了式での織田敏次初代会長(左から2番目)と研修員代表謝辞

個別研修

研修員の個々のニーズに対応した研修コースで、医療機関での実習が中心となっています。

  • 対象領域

    医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士・医療機器保守管理担当者、歯科技工士、栄養士、視能訓練士、看護師、柔道整復師、鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧師、介護福祉士、歯科衛生士、言語聴覚士、公認心理師、臨床心理士、義肢装具士、医療ソーシャルワーカー、公衆衛生

  • 研修期間

    1週間~3ヶ月

集団研修

臨床検査技術分野を対象に、独立行政法人 国際協力機構からの委託による研修を実施します。

  • コース名

    臨床検査技術感染症の適切な診断のための微生物検査

  • 研修期間

    2018年10月15日~2018年12月14日

総合病院中央検査科での研修風景

これまでの海外研修員受け入れ実績(1987年10月~2018年3月)
  • 海外研修員

    1,184名

  • 受入国

    106カ国及び地域

  • 職種

    17職種

海外研修員職種別実績

  • 職種

    人数

  • 職種

    人数

  • 臨床検査技師

    431名

  • 診療放射線技師

    300名

  • 薬剤師

    278名

  • 理学療法士

    73名

  • 医師 ※

    25名

  • 作業療法士

    20名

  • 臨床工学技士・医療機器保守管理担当者

    14名

  • 歯科技工士

    12名

  • 栄養士

    10名

  • 視能訓練士

    6名

  • 看護師 ※

    6名

  • 柔道整復師

    3名

  • 歯科医師

    2名

  • 鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧師

    1名

  • 歯科衛生士

    1名

  • 介護福祉士

    1名

  • 公衆衛生

    1名

  • 合計

    1,184名

  • 医師の内訳

    医師分野:7名、診療放射線分野:5名、柔道整復分野:5名、臨床検査分野:4名、視能訓練分野:2名、理学療法分野:1名、栄養分野:1名

  • 看護師の内訳

    視能訓練分野:2名、理学療法分野:3名、柔道整復分野:1名

受入国及び地域一覧

アジア 659名
インド、インドネシア、韓国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス
アフリカ 211名
アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピア、ガーナ、カーボヴェルデ、カメルーン、ギニア、ガボン、ケニア、コートジボワール、ザンビア、シエラレオネ、ジプチ、ジンバブエ、スーダン、スワジランド、セーシェル、セネガル、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ペナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モーリシャス、リビア、レソト
中南米 161名
アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、ガイアナ、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、コロンビア、ジャマイカ、セントビンセント、セントルシア、チリ、ドミニカ共和国、ニカラグア、ハイチ、パナマ、パラグアイ、ブラジル、ベリーズ、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ
大洋州 104名
キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ニウエ、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、ミクロネシア、マーシャル
中東 43名
アフガニスタン、イエメン、イラク、イラン、カタール、クウェート、シリア、トルコ、パレスチナ、ヨルダン
欧州 6名
アルバニア、キルギス、ブルガリア、マケドニア、マルタ、モルドバ

トップへ