活動内容

日本歯科技工の国際貢献&海外展開

はじめに

2015年10月26日~29日、小西恵一郎代表理事及び日本歯科技工士会専門家をベトナムへ派遣し、現地ニーズを見聞したところ、日本歯科技工の技術移転の必要性を確認致しました。

覚書(MOU)の締結

2016年3月16日 首都ハノイ

2016年3月16日、ベトナムの首都ハノイを訪問し、ベトナムの国民歯科医療制度における歯科補綴技術分野で実績のある日本歯科技工の活用を議題に同国の国立中央歯顎顔病院のチン・ディン・ハイ院長と会談した際、同氏曰く、「ベトナム国民の健康増進の一環として一緒に共催したいので歯科技工に関するセミナーを是非当地で開催してほしい」との要請があり、将来、日本歯科技工をベトナムへ普及させるために覚書(MOU)を締結しました。

WHOが提唱しているユニバーサル ヘルス カバレッジの理念のもと、ベトナムにおける歯科技工分野で相互に協力し、日本の医療技術サービスがベトナムの歯科医療の向上及び人材開発に寄与することを目的としたMOUに、公益財団法人 国際医療技術財団 理事長の小西恵一郎代表理事らがそれぞれ署名しました。

  • 国際医療技術財団、日本歯科技工士会、ベトナム国立中央歯顎顔病院の三者代表が「歯科技工分野における医療協力に関する協定書」(MOU)を締結
  • 歯科技工分野における医療協力パートナーシップに関して基本合意した。
  • ベトナム国立中央歯顎顔病院がカウンターパートナーとして選定された。

日本側主催者 小西代表と握手するベトナム側主催者 ハイ院長

専門家の派遣

2016年8月22日~26日  首都ハノイ、ホーチミン

派遣者 杉岡 範明(日本歯科技工士会会長)
金井 孝行(日本歯科技工士会常務理事)
派遣先 ベトナム国立中央歯顎顔病院
ホーチミンとハノイの市中歯科技工所
目的 ベトナム歯科技工所の現状を視察
世界歯科学術大会における各国歯科専門家との意見交換

視察団の招聘

2016年10月6日~8日   本邦 東京

視察団 ベトナム国立中央歯顎顔病院長等歯科医師3名と歯科技工士2名
視察先 東京医科歯科大学及び同附属病院歯科技工所
目的 本邦の現状認識と日本歯科技工導入に向けての課題協議

小西理事長から修了証書を授与された5名のベトナム歯科技工研修生

ベトナム国際セミナー

2017年3月2日 首都ハノイ

医療の向上に貢献する日本歯科技工

主催 公益財団法人 国際医療技術財団
公益社団法人 日本歯科技工士会
公益財団法人 国際開発救援財団
ベトナム国立中央歯顎顔病院
ベトナム歯科口腔協会
後援 日本国政府外務省
会場 首都ハノイ ホテル・ニッコウ・ハノイ
参加者 90名(日本側15名、ベトナム側75名)

プログラム

8:30 開会セレモニー
[日本側主催者挨拶]
小西 恵一郎  公益財団法人  国際医療技術財団理事長
公益財団法人  国際開発救援財団理事
[ベトナム側主催者挨拶]
チン・ディン・ハイ ベトナム国立中央歯顎顔病院長
[来賓挨拶]
国際協力機構 ベトナム事務所次長
ベトナム政府保健省国際協力局長
10:00 基調講演「健康増進に貢献する日本の歯科技工」
夏目 克彦 公益社団法人 日本歯科技工士会専務理事
12:00 ランチレセプション
13:30 シンポジウム「歯科技工医療の課題と展望」
座長 西澤 隆廣 公益社団法人 日本歯科技工士会副会長
【1】 「日本の歯科技工の臨床」―企業展示
金井 孝行 公益社団法人 日本歯科技工士会常務理事
【2】 「ベトナム歯科技工の現状」
ファム・タン・ハ ベトナム国立中央歯顎顔病院 トレーニングセンター所長
16:00 総括合同会議
小西 恵一郎 公益財団法人 国際医療技術財団理事長
チン・ディン・ハイ ベトナム国立中央歯顎顔病院長
西澤 隆廣  公益社団法人 日本歯科技工士会副会長
17:25 宣言文採択
17:30 閉会の辞

国際セミナー会場風景

アンケート結果
歯科技工のどの技術分野についてもっと知りたいですか?
  1. 審美補綴技術

  2. 補綴物の物理的・生理学的・化学的特徴

  3. 義歯床設計・制作技術

  4. CAD及びCAMの3D (3次元)化

  5. インプラント歯科補綴技術

  6. 可撤性義歯製作のための材料の特徴と技術

  7. 金属材料に代わる歯科材料

  8. 補綴における咬合技術

  9. 補綴物の洗浄及び滅菌

  10. 美容歯科の理論と実践

ベトナム歯科技工医療について課題や意見がありますか?
  1. ベトナム歯科技工士会の設立

  2. アジア太平洋地域歯科技工士連盟協議会のメンバー入り

  3. 最新技術へのアップグレード

  4. 歯科技工士のトレーニング研修センターの設置

  5. 歯科技工士と歯科医師間での補綴データのデジタル化

  6. 最新の歯科技工機材の導入

ベトナム国際セミナー共同宣言

  • 私たちはお互いの保健医療制度を尊重します。
  • 私たちは日本の歯科技工医療がベトナム国民の健康増進に寄与することを目指します。
  • 私たちは歯科技工医療に関する医療技術協力プロジェクトを企画立案し、双方が協力して実践します。

首都ハノイ 2017年3月2日

国際セミナー主催者・日本側専門家

成果と将来の展開

  1. ベトナムで最初の日本歯科技工に関するセミナーとなり、同国政府保健省はこれを高く評価し、 ベトナム国立中央歯顎顔病院は、将来、日本歯科技工を導入し、普及していきたい旨を表明しました。

  2. セミナー参加者からは高度な歯科技工技術と最新の歯科材料に高い関心が示され、ベトナム歯科医療での実践に大きな期待が寄せられました。

  3. 国際セミナー主催者並びに参加者全会一致で共同宣言が採択されました。

  4. 政府開発援助(ODA) や民間助成資金等の活用を図り、歯科技工に関する技工所を開設し、ベトナムの歯科技工のさらなる向上に貢献します。

  5. 歯科技工医療協力プロジェクトを企画立案するために2017年11月に歯科技工士をベトナムへ派遣し、歯科技工所の設計と歯科技工士のトレーナーズトレーニングコースのカリキュラムについて協議する。

トップへ