活動内容

日本式鍼灸医療の国際貢献&海外展開

“Japanese Style “はりきゅう

世界中で利用されている鍼灸ですが、 なかでも繊細な日本の「はりきゅう」は、痛みも少なくとても人気があります。特に米国では、肩こり・腰痛と言った整形外科的な疾患はもとより、ストレスや倦怠感など、心と体の問題を抱える患者さんが日本式の鍼灸を求めて治療院へ通っています。

6世紀頃、中国から日本に入ってきたとされる鍼灸ですが、中国のものとはずいぶん違います。日本では、非常に細い鍼を用いて施術します。「管鍼法」という、鍼の痛みを軽減する技術も、ここ日本で生まれました。細い鍼を浅く刺して、高い効果を得る―これが繊細で痛みの少ない日本式の鍼灸、“Japanese Style “はりきゅうです。

Ⅰ 覚書(MOU)の締結

2016年11月6日 東京

治療効果の高い繊細な日本式鍼灸医療サービスの普及の必要性についてベトナム政府保健省伝統医学局から要請があり、2016年11月6日、東京にて、鍼灸に関する医療協力プロジェクトを実現することを目的とした覚書(MOU)を日越間で締結しました。

  • 国際医療技術財団、日本鍼灸師会、ベトナム政府保健省伝統医学局の三者機関の代表が署名
  • 鍼灸医療協力のパートナーシップに関する基本合意
  • 当該国政府機関によるカウンターパートナーの選定

覚書(MOU)[抜粋]

(目的)
第1条 本協定は、WHOが提唱したユニバーサル ヘルス カバレッジの理念のもと、三者機関がベトナムにおける伝統医療分野で相互に協力し、日本の医療技術サービスがベトナムの医療の向上及び人材開発に寄与することを目的とする。
(協定事業)

第2条 本協定による事業は、次のとおりとする。

  1. 伝統医療分野における医療技術協力プロジェクト、セミナーの開催、視察団、調査団及び専門家の派遣の企画及び実施

  2. 各々の機関の現行規則に従った伝統医療関連情報の交換

  3. その他第1条の目的に合致する活動で三者機関で合意された事業

Ⅱ 調査団の派遣

2017年7月25日~29日 ベトナム

派遣者 公益社団法人 日本鍼灸師会
仲野 弥和(会長) 南 治成(副会長)
派遣先 ベトナム国立鍼灸病院
国立ホーチミン市伝統医学病院
目的 現地ニーズの把握と医療制度の確認
  • ベトナム鍼灸師を指導する日本の鍼灸師

  • ベトナム鍼灸クリニックでの日越専門家

Ⅲ ベトナム国際セミナーの開催

2018年1月18日 首都ハノイ

医療の向上に貢献する日本鍼灸術

主催 公益財団法人 国際医療技術財団 公益社団法人 日本鍼灸師会、
公益財団法人 国際開発救援財団
ベトナム政府保健省伝統医学局 ベトナム国立鍼灸病院
後援 日本国政府 外務省 厚生労働省 経済産業省
協賛 日本理学療法器材工業会
会場 JWマリオットホテル(首都ハノイ)

プログラム

8:30 開会セレモニー
[日本側主催者挨拶]
小西 恵一郎 公益財団法人 国際医療技術財団理事長
[ベトナム側主催者挨拶]
グエン・ヴィエット・ティエン ベトナム政府保健省副大臣
[来賓挨拶]
梅田 邦夫 在ベトナム日本国大使館特命全権大使
10:00 基調講演
仲野 弥和 公益社団法人 日本鍼灸師会会長
13:30 シンポジウム「ベトナム鍼灸の課題と展望」
座長 公益財団法人 日本鍼灸師会
【1】 「日本鍼灸の臨床」-企業展示とデモンストレーション
南 治成 公益社団法人 日本鍼灸師会副会長
【2】 「ベトナム鍼灸の歴史と現状」
グエン・バー・クアン ベトナム国立鍼灸病院長
16:00 総括合同会議
小西 恵一郎 公益財団法人 国際医療技術財団理事長
仲野 弥和 公益社団法人 日本鍼灸師会会長
ベトナム国立鍼灸病院長
17:15 宣言文採択
17:20 閉会の辞

Ⅳ 鍼灸医療協力プロジェクトの企画・立案

  • 課題と解決方法と成果予測
  • 現地トレーニングコースのカリキュラム設計
  • 医療免許、医薬事規制等国際協力投資環境の確認

Ⅴ 事業化→ODA資金・民間助成金の活用

  • 日本式鍼灸医療が実践できる専門家養成のための現地トレーニングコースの開設
  • ベトナム研修員の本邦受け入れ計画
  • 地域医療への取り組みと地域住民の裨益

Ⅵ 鍼灸医療ビジネスモデルの構築→日本式鍼灸医療サービスの輸出

  • ベトナム伝統医学医師養成大学の講座に日本式鍼灸術のカリキュラムを導入
  • ベトナム社会で日本式鍼灸治療院を開業

トップへ